トピックス&ブログ

2021.09.08

噛み合わせと全身の健康の関係

・左右のバランスを崩すと…
 噛み合わせが悪いと、食べ物を噛んだり、口を開閉したりする時の左右のバランスが悪くなります。
 バランスが悪くなることによって、重い頭を支えることが大変になります。
 それが肩や腰などに負担がかかる原因になり、肩こりや腰痛などの症状として現れることがあります。

・全身の骨格のバランスへの影響
 全身の骨格にも乱れが生じ、脊椎、股関節にも影響が出てくるため、腰や膝などの関節の痛みに繋がります。

・骨格から筋肉に負担がかかる
 骨格などのバランスがズレると、そのバランスの崩れをカバーしようと筋肉に負担がかかるようになり、
 痛みなどが生じることもあります。

つまり…噛み合わせが悪いと脳への血流のバランスが偏る、または頭の重心がズレて脊髄がゆがみ、神経を圧迫し、それが目や鼻、耳などの知覚機能に影響が現れたり、腕や足などの運動機能にも影響が現れるようです。

めまいや耳鳴り、鼻づまりなどの症状があれば、噛み合わせが原因かもしれません。

<噛み合わせが悪いと引き起こされる症状>
・肩こり               ・気鬱
・腰痛                ・歯の磨耗、破折   
・歯ぎしり、食いしばり        ・不安、イライラ
・歯周病               ・頭痛
・めまい               ・顎関節症
・歯頚部(歯の根元)の欠損

<噛み合わせを悪化させない予防法>
①姿勢に気をつけましょう
 姿勢と噛み合わせは、それぞれが影響を受け合います。

②悪癖を正して
 舌の位置が悪い、爪を噛む、頰づえをつくなどの悪い癖があれば、それが歯並びを悪化させる原因になります。

③左右のバランスを意識
 咀嚼するとき、何か荷物を持つときなど、左右のバランスを気にするようにしてみましょう。
 身体のバランスはとても大事です。

④ストレッチやマッサージを受ける
 筋肉が緊張しがちな部位は、ストレッチやマッサージでほぐしてみましょう。
 筋肉のバランスが崩れないように気をつけながら、耳、顎の周り、肩や上背をもみほぐします。

⑤矯正、被せ物などで噛み合わせを治す
 噛み合わせの悪影響を全身に広めないためには、噛み合わせ自体を整えることが大切です。
 歯並び、噛み合わせは当院で治療できます。

ご質問、お問い合わせは、たかはし歯科クリニックまでお気軽にどうぞ

  • たかはし歯科クリニック
  • たかはし歯科クリニック
    〒959-2024
    新潟県阿賀野市中島町7-4
    TEL:0250-25-7581

月曜:9:00〜13:00 / 14:15〜18:00
火曜、水曜、金曜、土曜:9:00〜18:00
休診日:木曜日、日曜日、祝祭日